目的の決まっているローンと自由に使えるキャッシング

どんな使い分けをすれば、キャッシングとローンを上手に利用できるでしょう。キャッシングもローンもお金を借りる方法ですが、内容の違いについて説明できる人は少ないようです。ローンにしろ、キャッシングにしろ、金融機関からの融資サービスという意味では同じものです。何がキャッシングで、何をローンというのか、自社内でだけ見分けるようにしている金融会社もあります。一般的にローンというと、住宅ローンやマイカーローンなど、購入目的を限定して借り入れる金融商品として使われています。キャッシングを受ける時は、お金を借りた目的が定まっていないことも少なくありません。キャッシング融資なら使い道が定まっていませんので、借り入れ金の使い道が一つでない時でも、問題ありません。ローンの場合は目的が明確なので、利息はキャッシングより低くなっているのがメリットです。お金の貸し方については法律でいろいろと規制されており、金利を上げすぎないことも条件の一つになっています。ローンの金利はそれほど高過ぎるということはないですが、それでも、利用目的が限定されているからこそです。厳しい審査よりは簡単な審査を選びがちですが、審査が簡単なものほど利息が高い傾向があるので、審査が簡単だからと言って利用者に便利であるとは限りません。低い金利で融資を受けられるように、キャッシングやローンを使う時には、現地の下調べが収容になります。ル・ソニア